外壁塗装を福岡市でお考えなら「失敗しない外壁塗装のコツ」を丁寧にアドバイスしますm(__)m 福岡市南区の

ド本命塗料GAINA(ガイナ)

GAINA(ガイナ)

一般に断熱性能にすぐれた省エネ塗料として販売されているガイナですが、もっと本質的な価値があります。

地震による家屋の倒壊の原因になる柱や土台の腐食をふせぐ効果です。す。

ketsuro1

阪神大震災の時、倒壊した家屋は地震の第一波の縦揺れでつぶれました。

腐った柱の根元が土台から抜けてしまったのです。

柱が腐った

そう聞いたら、「雨漏れ?」と思いますよね。

でも、犯人は雨漏れではありません。

結露の水滴で柱が腐り、釘が錆びてしまう

ketsuro1

温かい空気は水分をたくさん含むことができます。

冷たい空気は水分をふくむことができません。

だから、

冬の外の冷たい空気が、室内の暖かい空気と出会ったら結露が生まれます。

夏の外の温かい空気が、室内のクーラーの冷気にあたったら結露が生まれます。

この、内壁と外壁の間でおこる壁内結露が阪神大震災の被害の原因でした。

スクリーンショット 2016-05-04 23.07.29

結露は壁の内部で生まれ、柱の根元をビチャビチャに濡らします。

やがて、柱は腐り、釘は錆びて強度を失います。

そこに地震がきたらひとたまりもありません。

この、壁内結露の解消に役立つのがガイナの断熱性能です。

なぜ壁内結露が起きるの?

昔の日本の家は窓も玄関も隙間だらけでした。

だから通気が良かったのです。

ですが、住宅にアルミサッシが使われて気密性があがり、

冬場は暖房、夏は冷房を使い始めたころから壁内結露が発生するようになりました。

壁の奥で水滴が発生すると、カビが生えてきたり、ダニが湧いたりします。

これがハウスダストになってアレルギーの原因となります。

こうした高気密住宅の壁内結露が問題になるのは日本だけなんです。

海外は外断熱、日本だけが内断熱

カビやダニが発生してアレルギーの原因になる。

柱が腐って耐震性が落ちる。

こうした壁内結露を放置しているのは日本だけです。

ドイツなどのヨーロッパやアメリカでは「外断熱」を義務付けることで壁内結露の問題を

クリアしているのです。

日本だけが時代遅れの内断熱で、国民を健康と震災のリスクにさらしているのです。

塗り替えるだけで外断熱にできるのがガイナの本当の価値

内断熱工法がうむ壁内結露で地震による倒壊リスクが高まり、カビやダニによるアトピーぜんそくが起きる。

こうした日本の住宅のアキレス腱が塗り替えるだけで改善できる。

 

ここを考えると、「ガイナで塗替える」という選択肢以外に無くなってきます。

 

ですが、「本当にこんな塗装の膜で断熱効果が出るの?」という疑問残りますよね?

 

その疑問を払拭していきたいと思います。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-000-000 火曜・祝日・当院指定日
祝日は営業しています
日曜のみ休業

LINEで送る

sidebar_contact_banner

 

 

toiawase

 

 

料金

  • 初回検査 1,000円
  • 施術料  5,000円

を、初回お試し3,000円とさせていただきます。

それで、もし、「効果がない」と感じたらおっしゃってくださいね、3,000円はお返しします。

 

返金保証をおつけする理由

私はアキレス腱が収縮する難病を抱えて生まれてきました。

「手術を受ければ治る可能性はありますが、失敗すれば一生車いす生活になります。」と告げられた母は、近所の整体院に通ってリハビリする道を選びました。

12年かかりましたが、小学6年のときラクに歩けるまでに改善しました。

「ゼッタイに歩けるようにしてあげる」という先生の言葉が本当になったんです。

これがキッカケで私は治療家の道を選びました。

だから、私は「治す」ことにこだわりたいのです。

万が一それができなければ料金はお返しいたします。

 

tel

PAGETOP

tel1